2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近のコメント

    看護師のメイクアップ術をご紹介

    看護師のメイクは、血色の良さやナチュラル感を出すことが大切だ。医療現場には清潔感が求められるので、つけまつ毛やまつ毛エクステ、濃い口紅や濃いチークなどはふさわしくないと考えられる。看護師として働く時には、患者さんに安心感を与えるようなメイクを心がけることが必要だ。

    では師のメイク法をご紹介する。最初にベースとなる素肌の状態を整える。素肌の状態がぼろぼろだと、化粧ノリも悪くなってしまう。化粧水と乳液をしっかりと染み込ませてから、下地クリームは気になる所だけにピンポイントで塗っていこう。下地クリームを顔全体に塗ってしまうと、かえって老けた印象になってしまうのだ。

    また、コントロールカラーを使用すると、肌の色補正には効果的だ。顔色が青白い場合はピンクのコントロールカラー、顔色が赤い場合はグリーンのコントロールカラー、顔色が土気色の場合はパープルやブルーのコントロールカラーを使用するなど、自分の顔色に合わせて色味を選ぶことを忘れずに。

    ファンデーションは顔の中心はしっかりと塗っても厚塗りに見えませんが、フェイスラインは薄目に塗るようにしよう。マスカラやアイラインなどは控えめにし、目元は明るめの色のコンシーラーでカバー。リップを塗らないと血色が悪く見えてしまうので、ベージュ系の口紅か色付きのリップを塗っておこう。チークは血色の良さを出す為に、ピンク系やローズ系を薄く塗ることがポイントだ。

    夜勤の際には、気になる部分だけをポイントメイクする。化粧直しをする時間も無い可能性があるので、化粧崩れしやすいリキッドファンデーションなどは避けた方が良いかもしれない。このように看護師のメイクには他にもたくさんの抑えておいてほしいポイントがある。メイクのポイントをもっと知りたいのあれば、参考サイトを見つけたのでぜひ参考にしてみると良いだろう。


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です