ホーム » 清潔感のある印象作りが重要

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    清潔感のある印象作りが重要

    初めて看護系の仕事や看護師の仕事に就いた時に、悩み事として多く挙げられるのがメイク問題だ。初出勤をした時に、化粧について上司に注意されたことがある看護師も多いのではないだろうか。

    看護系の仕事は、清潔感のある身だしなみを求められることが多い。そのため、女性は白衣にマッチする、自然な仕上がりの化粧をするように注意喚起されることも多いようだ。特に若い世代の女性は、目が大きく見えたり、小顔に見せるための濃い化粧を好みがちである。なので、自分では濃い化粧だとは思っていなくても、職場によってはもっと薄いメイクにしてほしいと注意されることも多々あるようだ。

    まず気をつけなけらばならないのは、付けまつげや濃いマスカラだろう。長すぎるまつ毛は派手な印象を与えることがあるので、注意したいポイントといえる。更にアイシャドーの色にも注意が必要である。ブルーやパープルといった目立つ色を使用すると、白衣に合う自然な化粧から遠のいてしまう可能性がある。そのためピンクやベージュといった、目元を優しく見せるカラーを選ぶと良いだろう。

    また、ラメが多く使用された商品は避けた方が無難かもしれない。キラキラと輝く目元は病院のクリーンなイメージにはマッチしにくいものだ。目元の化粧は、出来るだけ万人受けする、清潔感を意識したものにすると良いだろう。

    また、リップも派手な色は避けた方が無難だ。元気ではつらつとしたイメージに仕上がる、コーラルピンクやオレンジ系の色味は男女問わず好感を持たれやすい色味といえるだろう。


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です